ホーム > 仏教の教え > 日蓮聖人の教え > 世界へと広がる日蓮聖人の教え

日蓮聖人の教え:お釈迦さまの教えを受け継いだ法華経の行者―日蓮聖人

第6章 世界へと広がる日蓮聖人の教え

ご入滅後も日蓮聖人が一生涯を捧げた法華経の信仰は、身延山久遠寺(くおんじ)を総本山として、弟子達の手で更に大きく花開いてゆきます。日蓮聖人の遺志を受け継いだ弟子達が、全国各地でお題目の布教に努めたのです。

そして日蓮聖人の悲願でもあった、京都での布教に向かった日像上人は、三度の追放と赦免という法難を受けながらも布教に尽力し、ついに建武元年(1334年)後醍醐天皇より、妙顕寺(京都市上京区)を勅願寺(ちょくがんじ)にするという綸旨(りんじ)を賜ります。このことにより、日蓮聖人の教えは、揺るぎない地位を獲得することになったのです。

弟子信徒によって広がる教え/画:植中直斎

室町時代には、京都の民衆の実に7割以上が、日蓮聖人の教えを信仰するようになりました。そして京都での布教の成功をきっかけに、日蓮宗は日本全国へと広がっていきます。

現在では、日蓮宗は日本全国に5000の寺院を有し、信徒は300万人を数えます。またその教えは、世界中へと広がっています。

「民衆の苦悩を取り除き、より良い社会を作りたい」という一心からはじまった日蓮聖人の教えは、数百年の時を越えて、私たち現代人の心に深く生きづいています。