ホーム > 活動 > 宗務院からのお知らせ > ボランティア/支援 > 3月5日 全国日蓮宗青年会主催 東日本大震災慰霊復興行脚

宗務院からのお知らせ

ボランティア/支援

3月5日 全国日蓮宗青年会主催 東日本大震災慰霊復興行脚

①活動の名称
・東日本大震災慰霊復興行脚

日程
・平成27年3月5日(木)

実施場所
・福島県相馬市 「佛立寺」
・福島県相馬市沿岸部

主催・後援
・主催:福島県日蓮宗青年会

⑤参加者
・福島県宗務所長
・全国日蓮宗青年会正副会長
・新潟県東部青年会
・青森県青年会
・岩手県青年会
・山形県青年会
・宮城県青年会
・秋田県青年会
・福島県青年会
                      総勢47名

実施内容
・福島県相馬市沿岸部を、全国日青会各員と共に慰霊復興行脚を行う。
・14:46慰霊碑にて黙祷、慰霊復興回向を行う。

感想・まとめ
福島県は福島第1原発事故を抱えており、震災から丸4年経った現在も
復興への道が見えないのが現状であります。
避難者の多くはふるさとへの思いを抱きつつも、
帰還できない現実との狭間で精神的苦痛を強いられております。

今回慰霊復興行脚を行った福島県相馬市は、
第1原発から約30kmに位置する場所にあり、
多くの避難者が生活を送っております。
見た目には復興が進んでおりますが、
もしも再び原発に何かあれば大きな影響を受ける地域であり、
住民の皆様はその恐怖とも戦う日々であります。

また、相馬市沿岸部は津波により多くの人が命を失った場所でもあります。
今回、全国日青会会員各聖47名で唱題した御題目の功徳は、
津波により命を失った方々に届き、福島の復興の一助になるものと信じております。

⑧写真