ホーム > 寺院めぐり > のんびり行こう ぶらりお寺たび > Vol.8 山梨 身延 聖地・身延山で知る日蓮聖人の教え

バックナンバー
のんびり行こう ぶらりお寺たび 〜月刊「旅行読売」編〜
のんびり行こう ぶらりお寺たび 旅で出会った名刹で日蓮聖人の教えに触れる。そっと手を合わせ、癒やしのひとときを。

Vol.8 山梨 身延 聖地・身延山で知る日蓮聖人の教え

幾多の法難を乗り越え、日蓮聖人が晩年を過ごした身延山。自らが法華経の聖地としたこの地には、今も聖人の教えが息づいている。

晩年の9か年を過ごした地

 鎌倉時代、日蓮聖人が開いた日蓮宗総本山身延山久遠寺。山梨県南部に位置し、身延山、七面山、天子ケ岳、鷹取山の四つの山と富士川、早川、身延川、波木井川の四つの川に囲まれたこの地は、釈迦が法華経を説いたインドの霊鷲山と同じとし、自らが聖地とした。
 文永11年(1274年)、聖人は幕府に三度諫言するもかなわず、「三度聞き入られずば山林に交わる」の故事にならい、信者であるこの地の領主・波木井実長の招きにより身延に入山した。以降、晩年の9か年を過ごすのだが、その生活は隠棲とは無縁で、法華経の読誦と門弟たちの教育に注力した。その教えは、後に身延山で学んだ弟子や信徒によって全国へ広まっていく。
 国道52号から身延山久遠寺に向かう道を進むと姿を見せる総門が身延山の入り口となる。扁額の文字は「開会関」で、これは「全ての人々が法華経のもとに救われる」という意。転じてこの門をくぐることで仏の世界に入ることを意味するという。
 門をくぐり、10分ほど歩くと徐々に土産物や仏具を扱う店や食事処が増え、参道らしい賑わいを見せる。名物のみのぶまんじゅう店の前では蒸籠から湯気があがり、食欲をそそえる。店をひやかしながらさらに歩くと、ほどなくして三門に着く。
 本堂へは西谷にある駐車場から斜行エレベーターもあるが、足に自信があるなら一度は菩提梯を上りたい。
 三門から石畳の参道を進むと、急峻な石段が現れる。これが菩提梯だ。階段数は287。上りきると覚りの境地に達するという意味がある。御題目「南無妙法蓮華経」の7文字になぞらえ、七つの区画に分かれている。
 見上げるような石段を踏みしめる。次第に息があがり足も重くなる。それでも一段一段上っていくと、徐々に無心になっていくのが不思議だ。ようやく上りきると、広々とした境内にたどり着く。
 境内には見どころが多い。本堂は、千鳥破風の堂々としたたたずまい。その手前にある五重塔は平成21年(2009年)に、明治8年(1875年)の消失以来、134年ぶりに再建されたもの。聖人の御霊を祀る祖師堂は本堂の東隣にある。「聖人の魂が棲む」という意味で別名・棲神閣とも呼ばれている。朱塗りの欄干や天女や鳳凰、架空の動物などの色鮮やかな彫刻が施され、華やかさは身延山久遠寺の伽藍の中でも随一だ。

 三門から西へ5分ほど歩いたところにある御草庵跡も訪ねたい。聖人が9年間暮らした草庵の跡地は、うっそうと茂る杉の木々の中にある。敷地に入ると、空気が一変する。静寂に包まれ、おのずと身が引き締まる。広さは約18メートル四方。石柵が設けられ、その中を覆う芝生の瑞々しさが、辺りに漂うひっそりとした空気と相反して力強いのが印象的だ。すぐ近くには御廟所もあり、ここで静かに手をあわせたい。

三門をくぐると現れる菩提梯。境内まで続く階段は287段ある
明治8年(1875年)に消失したものを復元し、2009年に再建した五重塔
華やかな彫刻に彩られた祖師堂(右)と本堂(左)
御草庵跡。玉垣に囲まれた所が日蓮聖人が住まわれた草庵の跡

思親大孝の地 奥之院思親閣を参る

 もうひとつ、聖地を語る上で重要なのが身延山山頂にある奥之院思親閣だ。
 聖人は風雨いとわず険しい山道を登っては、標高1153メートルの山頂から故郷の房州(小湊)を遠望し、両親と恩師の道善房を追慕した場所として知られる。そうした聖人の厚い孝心をくんで、思親閣は建てられ、その名は“親を思うお堂”という意味でつけられた。
 奥之院思親閣へは麓からロープウェイに乗れば約7分でたどり着く。境内でひときわ目を引くのが、立派な4本の杉。聖人お手植え杉と伝わり、両親と恩師の追善と立正安国を祈念して植えられたという。
 山頂だけに展望台からの眺めも格別だ。晴れた日には富士山を望み、さらに気候条件があえば、垂れこめた雲海と富士山という幻想的な景色に出会える。
 聖地・身延山を巡る旅。それは、時を越えて、聖人の教えに思いを馳せる旅である。

身延山山頂に鎮座する奥之院思親閣祖師堂。内陣は身延町の文化財に指定
運がよければ、山頂から富士山と雲海という絶景を楽しめる

宿坊で内なる声に耳を澄ませ、心身をリセット

 現在、身延山には20の宿坊がある。もちろん、宗派に関わらず誰でも利用できる。宿坊に泊まり、翌朝に本堂で行われる朝勤に参加することは、身延山参拝の醍醐味でもある。

清水房

 西谷にある身延山久遠寺の塔頭寺院のひとつ。日蓮聖人の高弟の六老僧の一人、日郎上人の弟子の日像上人が永仁元年(1293年)に開創。日蓮聖人に京都への布教を託された上人が、御廟所で祈念した時に休息をした場所でもある。
山梨県南巨摩郡身延町身延3616
0556・62・1054/1泊2食8000円~

夕食は精進料理をベースに、身延名物の湯葉や季節野菜の煮物などが味わえる
風格ある木造の本堂は旧増保町にあった寺を移築したもの
武井坊

 戦国武将・武田信玄の祈願所として建立され、坊名の「武」の文字は武田家に由来する。もともとは東谷にあったが、1937年に現在の西谷に移る。夕食は通常は家庭料理だが、希望すれば精進料理に変更できる。
山梨県南巨摩郡身延町身延3583
0556・62・0016/1泊2食8500円~

2010年にリニューアル。本堂前の大きな鬼瓦は改装前に屋根に飾られていたもの
部屋は全部で13室。いずれも落ち着いた雰囲気
  • 総本山 身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)山梨県南巨摩郡身延町身延3567 TEL.0556・62・1011 境内自由 拝観無料
  • 奥之院思親閣(おくのいんししんかく)山梨県南巨摩郡身延町身延4223 TEL.0556・62・0686 境内自由 祖師堂ご開帳 1000円 ロープウェイ 料金:往復1400円 片道760円