ホーム > 法話 > 体験する > 月例金曜講話のご案内

月例金曜講話のご案内

平成29年度テーマ
知恩報恩 ~思いやり~

「一切善根の中に、孝養父母第一にて候」(窪尼御前御返事)

生きることは、恩に気づき、恩に報いることです。私たちは、この世に生まれ、育まれ、たくさんの「恩」を受け、支えられ生きています。
今一度、“いのち”の大切さに気づき見つめなおしてみましょう。
講話を通してこころを豊かにし、敬いのこころを持ち、平和で笑顔が多いい世界を一緒につくって行きましょう。

どうぞ皆さま、ご家族、お知り合いの方をお誘い合わせの上、ご来場下さい。

日程

平成29年4月~平成30年2月の毎月第1金曜日(1月はお休み、5・11月は第2金曜日)
信行会 12時30分~13時30分
講話 14時~15時30分

変更する場合もございますので、事前にお問い合わせ下さい。

平成29年度金曜講話の各師、各氏の肩書きは平成29年3月現在のものです。

会場

日蓮宗宗務院 5階講堂 東京都大田区池上1-32-15(東急池上線池上駅下車、池上本門寺総門隣)

お問い合わせ

日蓮宗宗務院 03-3751-7181(代) 受付:9:30~17:00(但し宗務院休業日は除きます)

どなたでも無料でお聴き頂けます

平成29年度 月例金曜講話 講師一覧

  • 平成29年4月7日

    松茸山の思い出~行くべきか、行かざるべきか~

    大阪府真如寺住職・常任布教師 植田観樹(うえだ かんじゅ)
    裏山はかつて松茸の宝庫でしたが、近年は一本も出ないという状況です、しかし昔を懐かしむ祖母は自分が歩けないだけに、あのポイントに行けばある。と私をけしかけます。行くべきか?どうすればいいのか?行動=行について考えてみます。

  • 平成29年5月12日

    日蓮さまのお心に聴こう

    俳優 嵐圭史(あらし けいし)
    「ご遺文」にみる日蓮聖人のお心の真髄を、多くの人々にお伝えしたい。温もりに包まれた広大無辺の世界を柔らかく、聴く人々の胸に深く染み入る“朗唱”を心ゆきまで。

  • 平成29年6月2日

    ここでお会いするのも何かの縁

    講談師 神田蘭(かんだ らん)
    講談師は総勢70人。このような狭い門をくぐったのも、いろんな出会いご縁があったから。そして今もたくさんの方々と出会い支えられ生きております。講談の演目は『応挙の幽霊』です。

  • 平成29年7月7日

    毒薬を飲んだ子どもたち

    妙興寺住職 倉橋観隆(くらはし かんりゅう)
    「法華経は荒唐無稽な喩え話」と言われることがあります。しかし、そこにこそ現代人の生き方のヒントが秘められているのです。その答えを皆様と共に探ってみたいと思います。

  • 平成29年8月4日

    仏教と音楽

    埼玉県圓受院住職・日蓮宗仏教讃歌協議会会長・布教専修師 田島辨正(たじま べんしょう)
    真心を込めた歌声や、堂内に響き渡る唱題や読経の声は、私たちの魂を大きく揺り動かし、報恩感謝の思いを深め、思いやりの気持ちを広げていくのです。

  • 平成29年9月1日

    いのちに合掌

    埼玉県妙昌寺住職・布教専修師 村井惇匡(むらい じゅんきょう)
    出家の動機や子ども道場、少年刑務所で出会ったさまざまな『いのち』。多くのご縁の中できづかせて頂いた『いのち』のお話です。

  • 平成29年10月6日

    いのちに合掌 ~私は身延山大学で考えた~

    東京都修性院住職・身延山大学学長・常任布教師 浜島典彦(はまじま てんげん)
    私たちはどこから来て、どこへ行くのでしょうか。私たちの「いのち」とは、一体何なのでしょうか。お釈迦さまに、法華経に、日蓮聖人に尋ねたいと思います。

  • 平成29年11月10日

    慈悲広大な心を

    東京都長昌寺修徒 小宮昌世(こみや しょうせい)
    思いやりとは思い合うこと。思いやることも、その思いを受け取ることも、誰もが持っている仏の種に気づけば自然と湧いてくるものです。

  • 平成29年12月1日

    施す。人生悉く(ことごとく戴きもの

    静岡県円恵寺住職・常任布教師 塚本智秀(つかもと ちしゅう)
    其中衆生 悉是吾子 この身体自分のものでありながら自分のものでない。自分の思うようにならない。なにかの世話にならなけらば生きていけない。

  • 平成30年2月2日

    compassion ~思いやりを科学する~

    栃木県浄土宗光琳寺副住職 hasunoha共同代表・寺子屋ブッダプログラムディレクター
    井上広法(いのうえ こうぼう)

    いま、「思いやり」が、海外の臨床心理の現場で見直され始めているそうです。この「思いやり」を最新の知見を織り交ぜながら仏教と科学の両面から解説させていただきます。

ご遠方の方やご聴聞出来ない方のために、講話の様子を動画及びポッドキャスト(音声)で配信しております。