ホーム > 法話 > 今月の聖語 > 2008年 > 2008年9月 鉄は炎打てば剣となる賢聖は罵詈して試みるなるべし

今月の聖語

  • バックナンバー

今月の聖語

鉄は炎打てば剣となる
賢聖は罵詈して試みるなるべし

日蓮聖人御遺文「佐渡御書」/
文永九年(一二七二年 聖寿五十一歳

20080901-20080901-seigo0901

「試練」
名刀は鍛えれば鍛えるほど、打てば打つほど出来栄えは見事である。歴史に名をとどめる賢人(けんじん)・聖人(せいじん)も悪口(あっく)雑言(ぞうごん)・罵詈(めり)誹謗(ひぼう)の嵐に耐え、それを試練として自己を磨いていった。悪口(あっく)罵詈(めり)のみならず刀杖(とうじょう)瓦礫(がりゃく)、流(る)罪(ざい)死(し)罪(ざい)がたえまなく見(み)舞(ま)い、それをばねとし試験台(しけんだい)として飛躍(ひやく)していったのが日蓮聖人の歩みであられた。
だからこそ、迫害者(はくがいしゃ)を己を磨き鍛える善知識(ぜんちしき)と言(い)ったのであるが、それは同時(どうじ)に先(せん)業(ごう)の重(じゅう)罪(ざい)を今生(こんじょう)の大難(だいなん)甘受(かんじゅ)を通(とお)して消(しょう)去(きょ)し、未来(みらい)の大苦(だいく)を軽(かる)からしめるという「転(てん)重軽受(じゅうきょうじゅ)」の教(おし)えを踏(ふ)み行(ゆ)くものであった。だから、困苦迫害に身をさらされた歩みは歎き(なげ)ではなかった、との回想の言葉を残されもしたのであった。