じつは身近な仏教用語

退屈

【たいくつ】

一般には、嫌気が差す、へこたれる、暇を持て余す。などの意味で使われます。

仏教でも、退き屈するの意味で使用され、仏道修行の困難に負けて、修行の気力が失われていることを指します。

索引へもどる