ホーム > 活動 > 宗務院からのお知らせ > ボランティア/支援 > 福島県日蓮宗青年会 子供修養道場

宗務院からのお知らせ

ボランティア/支援

福島県日蓮宗青年会 子供修養道場

  • 活動の名称

・夏休み子供修養道場

  • 日程

・平成26年7月23日(水)~24日(木)

  • 実施場所

・福島県白河市 「妙関寺(みょうかんじ)」

・福島県西白河郡 「国立那須甲子青少年自然の家」

  • 主催・後援

・主催:福島県日蓮宗青年会

・後援:日蓮宗福島県宗務所

  • 参加者

・青年会員:会長 巻 延彦 以下10名

・宗務所:所長 小林 智英

・女性教師の会:2名

・一般手伝い:2名

・子供:34名

合計:50名

  • 実施内容

○仏事研修(妙関寺)

・写経 ・唱題行 ・鐘つき ・法話 ・感想文

○研修(青少年自然の家)

・ナイトハイク、星座観察 ・だるま作り ・イワナつかみ

  • 感想・まとめ

子供修養道場は福島県内の日蓮宗寺院に御縁のある子供達を集め、この時期に開催しており、今年で6回目を迎えます。修養道場を通して子供たちに、人への思いやり、人への感謝、命の尊さを学んでもらう事を目的としています。

普段の生活では正座をする機会も少ないでしょうし、ましてや唱題行の経験は皆無であると思われます。子供たちも初めは戸惑いを見せていましたが、次第に大きな声でお題目をお唱えしてくれました。お題目から功徳を得るということを理解するには、子供達にはまだ難しいかもしれませんが、将来この唱題行の経験が子供達にとって大きな財産になると信じ、また日蓮大聖人、諸天善神がこの子供達を守ってくれると信じ第1回目から唱題行を続けております。

また、普段の学校生活では上級生と下級生が合同で団体生活を送る機会も少ないと思います。上級生は下級生を助けることで人への思いやりを学び、下級生は上級生に助けてもらう事で人への感謝を学び、そこから命の尊さを学んでほしいと思っております。