ホーム > 法話 > 今月の聖語

今月の聖語

  • バックナンバー

日蓮聖人が遺した言葉から、「〝今〟をイキイキと生きる智慧」をお伝えする人気メニュー。

今月の聖語

地獄も仏も心の内

『重須殿女房御返事』/
弘安4年(1281) 聖寿60歳

スクリーンショット 2017-01-17 12.51.19
=地獄も仏も心の内=
 
 自分の心を覗いた時、そこに地獄(悪しき心)が存在していたことに気付くのが信仰の原点ではないでしょうか。しかし、自分の悪を認めることは人にとってたやすいことではありません。
 それに気付いたらば、日々、仏の前に額ずき己を謙虚に省みることです。その時、初めて仏の大いなる懐に抱かれ、生かされていた自分を発見することができるのです。それが信仰の喜びというものかも知れません。
 
 
『重須殿女房御返事』
 
 重須は地名で、駿河国富士郡重須郷(現在静岡県富士宮市北山)に居住した石川新兵衛宗忠の妻。夫・新兵衛は聖人から授戒され道念日実と号した。また、同女は聖人の最有力信者の一人南条時光の姉あるいは妹と伝えられ、聖人篤信一族の1人。この館が後の北山本門寺となる。
 本書は正月に当たり餅や菓子の供養への礼状に添えて、地獄と仏について教え、その両者とも所在は人の心の内にあることを説く。(本文は原文を中略して引用)
弘安4年(1281)
聖寿60