ホーム > 法話 > 今月の聖語

今月の聖語

  • バックナンバー

日蓮聖人が遺した言葉から、「〝今〟をイキイキと生きる智慧」をお伝えする人気メニュー。

今月の聖語

艮の廊にて尋ねさせ給へ、必ず待ち奉るべく候

『波木井殿御書』/
弘安5年(1282) 聖寿61歳

スクリーンショット 2016-11-18 22.50.12
=霊山浄土への導き=
 
 人生最後を迎える時、最も不安なのは「死後自分はどうなるのか」ではないでしょうか。
 その時「霊山浄土へ来られたなら、その入り口である北東の方角の渡り口で日蓮をお呼びなされ。必ずそこでお待ちしておるから」
 このように明確に行き先が示されたなら、どんなに大きな安らぎが得られることでしょう。ただ信じて懐へ飛び込んで行けばよいのです。
 「死に様は生き様」。安心して人生の最後を迎える確信を得ることは、いい生き方につながるのではないでしょうか。
 
『波木井殿御書』            
 この書を与えられた波木井実長公は聖人に身延の寺領を提供し、給仕に勤められました。
 本書は聖人ご入滅の6日前に書かれたと伝えられています。ご一生を振り返り、最後に波木井公に謝辞を述べ、死後墓を身延に建てること、さらに後から来る弟子信徒に霊山浄土で待つことを約束して結ばれています。
 本書は日蓮宗の葬儀の際、引導文の一節によく読まれ、故人に死後の安心を与える名文です。
 
弘安5年(1282)
聖寿61歳