ホーム > 法話 > 今月の聖語

今月の聖語

  • バックナンバー

日蓮聖人が遺した言葉から、「〝今〟をイキイキと生きる智慧」をお伝えする人気メニュー。

今月の聖語

信心あらん者は鈍根も正見の者なり

『法華題目鈔』/
文永3年(1266)聖寿45歳 

スクリーンショット 2017-07-25 9.56.49 1
=もっと謙虚に=
 
 「実るほど頭を垂れる稲穂かな 垂れるほど人は見上げる藤の花」
 人が成長する上で知識を蓄えることが絶対に必要なのは周知のことです。一方それは諸刃の剣で人を天狗にしてしまう恐れもはらんでいます。その心をコントロールする手立ては、私たちを生かす大いなる存在に気付き頭を垂れることなのです。
 その謙虚さはこの存在を信じ受け入れることから始まるのではないでしょうか。
 
日蓮聖人ご遺文
『法華題目鈔』
          
 本鈔には正反対の人物が登場します。まず仏教徒にとって極悪人とされるダイバダッタについてです。彼は凄まじい修行をし膨大な知識と力を持っていました。しかし仏を信じる心がなかったため、遂には地獄に堕ちてしまったのです。一方、愚者の代表としてあげられたスリハンドクは自分の名前すら覚えられない鈍根者でした。しかしひたすら仏を信じる生涯を送り、遂に正しく物事を見る仏の目を持つことができたといいます。 法華経の要諦は「信心」が根本であると強く説かれています。             
    
文永3年(1266)聖寿45歳