ホーム > 活動 > あんのん基金 > 教育格差による貧困の連鎖を防ぐ「子ども無料塾」の設立および拡大

あんのん基金

平成31年4月

教育格差による貧困の連鎖を防ぐ「子ども無料塾」の設立および拡大

NPO法人フードバンク横浜

https://fbyokohama.jp/

団体名:NPO法人フードバンク横浜
 
事業名:教育格差による貧困の連鎖を防ぐ「子ども無料塾」の設立および拡大
 
支援金額:175,000円(2019年4月)
 
【団体紹介】
私達は、"誰も置き去りにしない"、"救われる側から救う側に"を基本理念とし、SDGsに示される17の目標のうち第1から第4に掲げられている"人として生きていくための根源となる目標"を、フードバンク活動を通じて実現する事を目指しています。
 
【活動内容】
フードロスになる前の食品食材を広く集めて下記活動に使用しています。
・シングルマザー・シングルファザーへの食材等の無償支援
・子ども食堂への食材等の無償支援
・中高生に対するお米の無償支援(奨学米制度)
・高校生の居場所カフェなどへの食材等の無償支援
・街ともさん(まちとも=ホームレス)への食糧等の無償支援
・障がい者支援団体/寄り添い方支援団体/子育て支援団体等への食材無償提供
・子ども無料英才塾で無償教育支援
 
【支援事業について】
現在、世界では経済格差による教育格差が社会問題となっており、日本もその例外ではありません。教育格差が貧困の世代間連鎖を生み出している現状を変えるため、現在の活動を拡げることに加え子ども無料英才塾を設立します。
この無料塾は、食事の心配なく安心して学べる場所にしていきます。
 
【社会へ向けて】
現在、ひとり親家庭は2人に1人が相対的貧困だと言われています。食べる事と学ぶことが出来る場を、提供することで少しでもお母さんを楽にしてあげて平安の心を貰える事が社会にとっても必要だと思います。