じつは身近な仏教用語

あばた

【あばた】

【s:arbuda】

僧侶のあいだで主に天然痘の後遺症を指す隠語として用いられ、その後に日常語となりました。

原語のarbudaは〈あぶた〉といい、八寒地獄の最上部の地獄の名称でもあります。

あまりの寒さで皮膚に水疱、つまり「あぶた」が出来ることから、この名があります。

索引へもどる