ホーム > 活動 > 宗務院からのお知らせ > ボランティア/支援 > 福島県日青会修養道場震災復興支援(平成25年7月)

宗務院からのお知らせ

ボランティア/支援

福島県日青会修養道場震災復興支援(平成25年7月)

【福島県日蓮宗青年会修養道場震災復興支援】

日程:平成25年7月24日・25日

実施場所:郡山市法現寺

主催:福島県日蓮宗青年会

後援:(団体)福島県宗務所・布教師会・修法師会・社会教化事業協会・声明師会・新聞支局・教化センター・檀信徒協議会・信徒青年会・(寺院)福島県浄光寺・法華寺・久福寺・大法寺・妙國寺・東光寺・法光寺・法現寺・須賀川妙法寺・妙経寺・妙関寺・長久寺・妙伝寺・経王寺・蓮乗結社・大寳寺・善行院・安立寺・妙覚寺・法橋寺・ 妙徳寺・妙宝寺・佛立寺・妙勝寺・妙栄寺・早島寺・妙経結社・(企業)DTPのトータルサービスビューロー(有)協和グラフィック・パソコン&ITサポートデジタルバレット・手作りガラス工房シリカミユ

参加者:子供50名(青年会員・手伝い含め総勢75名)

スタッフ名(福島県青年会):鈴木本学(会長)・巻延彦(副会長)・武田寿法(副会長)・齊藤幸弥(事務局長)・曲山貴雄(会計)・伊藤寛祐・氏家輝明・鈴木秀鳳・大和田晃生・菅原瑞正・小林智厚・中田憲孝・瀬戸隆寿・小野寺一洋
協力者:小林智英(宗務所長)・齊藤幸洋(宗務所副長)・大島豊扇(声明師会長・全国女性教師の会会長) 

【活動内容】
夏休み子供修養道場をを通して「正しく・楽しく・元気よく」を目的として多くの事を学んでもらう。震災により被災した子供達や原発により避難している子供達への支援を行う。
 ☆7月24日:集合午前10時・受付・開会式・写経・唱題行・法話・カルチャーパーク等
☆7月25日:お勤め・掃除・大安場公園見学・作文・閉会式午後2時

【活動を通して】
福島県日蓮宗青年会では「第5回夏休み子供修養道場」を7月24日・25日の2日間、郡山市法現寺において開催させていただきました。
今回は、震災により被災した子供達や原発により避難している子供達を含む50名の子供達が「正しく、楽しく、元気よく」を目的に活動しました。
本年は初めてお寺での生活を体験する子が多かったので、お寺を身近に感じてもらうために、心の修行として写経・唱題行を行い、法話・紙芝居で日蓮大聖人の歴史を勉強するなど、普段の生活では経験出来ない事が出来たのではないかと思います。
 今回、子供達の感想でもお寺の生活は楽しかったと言ってくれる子が多かったので、ここで体験した事を日常の生活においても、活かしてもらってぜひ来年も参加していただけたらと思います。

最後になりますが、今回の修養道場に際し、ご支援、協賛いただきました福島県管内寺院・教会・結社の各聖各位、誠にありがとうございました。そして、子供達の食事、片付けを一手に引き受けていただきました法現寺関係の皆さま、本当にありがとうございました。