ホーム > 活動 > 宗務院からのお知らせ > ボランティア/支援 > 宗門運動災害復興支援活動活動報告書「愛媛県教師の会 西日本豪雨災害復興支援みかん摘みボランティア」

宗務院からのお知らせ

ボランティア/支援

宗門運動災害復興支援活動活動報告書「愛媛県教師の会 西日本豪雨災害復興支援みかん摘みボランティア」 NEW

活動名称:「愛媛県教師の会 西日本豪雨災害復興支援みかん摘みボランティア」

 

1.    日程

令和元年12月3日(火)、12月18日(水)

 

2.    実施場所

愛媛県宇和島市吉田町立間にあるみかん農家さんのお家

 

3.    主催・協力団体・後援団体

主催:愛媛県教師の会

協力:愛媛県宗務所

 

4.    参加者

12月3日(火):4名

12月18日(水):5名

※別紙参照

 

5.    実地内容

・平成30年にあった西日本豪雨災害による土砂災害に遭われた現在、人員不足に悩まされているみかん農家でみかん摘みのボランティア活動を行った。

・繁忙期である12月は出荷作業をはじめ多くの作業がある。また、モノラックというみかんを運搬する機材をはじめ、豪雨災害の前と比べて、整備しきれていないものがあり、みかん摘み作業も人手が必要であった。

・その中で、他のボランティア・お手伝いをされている方とふれ合い、現地の状況についてどのようになったかなどの話を聞いた。

 

6.    感想・所感・まとめなど

・昨年も同様のみかん摘みボランティアをさせていただき、昨年よりも少しずつ設備や機材が整備されていることを感じつつも、心の復興は少しずつで、安心して生活するためには時間がかかると感じた。

・平成30年7月7日の未明に土砂崩れが相次いで起こり、ボランティアを行った宇和島市吉田町でも11名の方が亡くなっている。