ホーム > 法話 > 体験する > 月例金曜講話のご案内

月例金曜講話のご案内

令和元年度テーマ
知恩報恩 ~実り~

「仏弟子は必ず四恩をしって知恩報恩をほうずべし」(開目抄)

生きることは、恩に気づき、恩に報いることです。私たちは、この世に生まれ、育まれ、たくさんの「恩」を受け、支えられ生きています。
今一度、゙いのぢの大切さに気づき見つめなおしてみましょう。
講話を通してこころを豊かにし、敬いのこころを持ち、平和で笑顔が多い世界を一緒につくっていきましょう。

どうぞ皆さま、ご家族、お知り合いの方をお誘い合わせの上、ご来場下さい。

講話日程

平成31年4月~令和2年2月の毎月第1金曜日(1月はお休み、5月は第2金曜日)
信行会 13時~14時
講話 14時~15時30分

変更する場合もございますので、事前にお問い合わせ下さい。

令和元年度金曜講話の各師、各氏の肩書きは平成31年3月現在のものです。

会場

日蓮宗宗務院 5階講堂 東京都大田区池上1-32-15(東急池上線池上駅下車、池上本門寺総門隣)

お問い合わせ

日蓮宗宗務院 03-3751-7181(代) 受付:10:00~16:00(但し宗務院休業日は除きます)

入場無料 お気軽にお越し下さい

令和元年度 月例金曜講話 講師一覧

  • 平成31年4月5日

    8000m峰14座全山登頂 ~登り続ける~

    プロ登山家 立正大学客員教授 竹内洋岳(たけうち ひろたか)
    日本人で初めてヒマラヤ8000m峰14座登頂を果たした記録。挑戦中に遭った雪崩事故で大怪我を負いながらも「挑戦し続けること」の意味をリアルに伝えます。

  • 令和元年5月10日

    おかげさまの循環

    静岡県 大慶寺修徒 NPO法人SACLABO理事 大場唯央(おおば ゆいおう)
    知恩報恩。大切だとはわかっていても、なかなか実践できませんよね? まずは「おかげさま」に気づき、それを他の誰かに廻していくことが安穏な社会づくりに繋がります。

  • 令和元年6月7日

    仏さまは何処に

    福岡県 孝性寺住職 布教専修師 佐野前明(さの ぜんめい)
    寺離れ・墓離れと呼ばれる昨今、しかしながらパワースポット巡りや仏像マニアと言われる人たちも現存します。信じる心とは何なのか、仏さまは何処にいるのか、共に考えましょう。

  • 令和元年7月5日

    上求菩提 下化衆生

    富山県 経妙寺住職 谷川寛敬(たにかわ かんきょう)
    自分という人間を向上させていくことが「上求菩提」。その自分をもって人の為に尽くしていくことが「下化衆生」。人は何の為に生きるのか。そんな人生の根本問題を、法華経に尋ねてみましょう。

  • 令和元年8月2日

    講談~心持ち良く生きる主人公たちに憧れて~

    講談師 講談協会二ツ目 一龍斎貞弥(いちりゅうさい ていや)
    人間の見本市「講談」には、困難に出会いながらも己の心に従い嘘偽りのない真の実りを得る人物もたくさん登場します。「心持ち良く生きる」清々しさを講談で感じて頂けたら幸いです。

  • 令和元年9月6日

    先祖をさかのぼると妙な話になった

    京都府 教法院住職 布教専修師 三木天道(みき てんどう)
    ある日、女性から一本の電話があった。私の先祖が残した土地の相続についてのことだった。思いも寄らない話から私が手にしたかけがえのない財産とは・・・。

  • 令和元年10月4日

    音とひびきとの同時なるが如し~成功と失敗~

    千葉県 本光寺住職 尾藤宏明(びとう こうめい)
    音とひびきとの同時なるように、表と裏・喜と憂・楽と苦など一方のみが存在することはありません。私の今までの取り組みも成功ばかりではなく、失敗が常に隣に座っていました。

  • 令和元年11月1日

    お坊さんを楽しむ

    山梨県 武井坊住職 布教専修師 小松祐嗣(こまつ ゆうじ)
    自分が率先して楽しめば、そこには自然と人の輪ができます。「楽しいことでつながるお寺」をモットーに、趣味のランニングを生かした地域振興のお話。

  • 令和元年12月6日

    蓮のおしえ~実を結ぶとき~

    東京都 中道寺住職 常任布教師 山形教亨(やまがた きょうこう)
    仏さまのお花は蓮華。言葉を語らぬ蓮の花が、私たちに示してくれているのは「徳」のある生き方でした。仏祖の「お徳」を頂きながら、私たちの生き方に照らし合わせてみたいと思います。

  • 令和2年2月7日

    仏種そして実り

    愛知県 情妙寺修徒 布教専修師 林教仁(はやし きょうにん)
    私達の「自己の完成」のために、仏様は多くの出会いと経験を通して、私達を目覚めさせ、気づかせてくださいます。その時ではなくとも年月とともに、ふと気づく、その瞬間のお話です。

ご遠方の方やご聴聞出来ない方のために、講話の様子を動画及びポッドキャスト(音声)で配信しております。