ホーム > 法話 > 今月の聖語 > 2018年 > 2018年11月 仏と申すは正直を本(もと)とす

今月の聖語

  • バックナンバー

今月の聖語

仏と申すは正直を本(もと)とす

『法華題目鈔』/
文永3年(1266) 聖寿45歳

 =正直に生きるとは=

「正直者は馬鹿を見る」とよく口にしますがこれは最近言われ始めたことではありません。一方「正直の頭に神宿る」という言葉も昔から伝えられています。こんな言葉があるのは、人間が正直に生きるということが如何に至難の業であるかの表われではないでしょうか。
ではいったい何が正直なのでしょう。誰に対して正直にあらねばならないのでしょうか。
正直の正体を見つめ直すこと自体が正直に生きることへの第1歩かもしれません。    

日蓮聖人ご遺文

『法華題目鈔』

このお手紙の相手は女性信徒であったといわれています。さらに本鈔は題号に示されるように法華経の題目である南無妙法蓮華経を唱える人の功徳が述べられています。
当時の社会にに於いて男尊女卑の風潮が強い中、聖人は女性の救いがこの法華経に説かれていることを力説されました。そしてその方法は釈尊のみ心に正直に適うことであり、そのためには南無妙法蓮華経をひたすら信じ唱えることであると繰り返し説かれているのです。

文永3年(1266)
聖寿45歳