ホーム > 仏教の教え > 日蓮聖人の教え > 日蓮聖人の生涯

日蓮聖人の教え:お釈迦さまの教えを受け継いだ法華経の行者―日蓮聖人

日蓮聖人の生涯

戻る
日向入門
日頂入門
日持入門
1271年文永八年
1272年文永九年
1273年文永十年
1274年文永十一年
1275年建治元年
1276年建治二年
1281年弘安四年
1282年弘安五年
◆龍口法難・佐渡流罪
幕府や諸宗を批判したとして佐渡流罪の名目で捕らえられ、腰越龍ノ口刑場にて処刑されかけますが、江の島の方向から月のように輝くものが飛んできて、刀を三つに折り、処刑役人は目が眩み、その場に倒れ、兵士たちは恐れおののき、斬首の刑は中止され、その後佐渡流罪となりました。
腰越龍ノ口刑場
◆2月『開目抄』述作。
◆4月25日『観心本尊抄』述作。
 7月8日大曼荼羅御本尊を初めて書き顕示。
◆佐渡流罪より赦免され鎌倉へ帰還
4月8日、赦免され鎌倉に戻った日蓮聖人は、平頼綱から蒙古襲来の予見を聞かれますが、法華経を立てよとの幕府に対する3度目の諌暁をおこないましたが、幕府は聞く耳をもちませんでした。
◆身延山入山
5月17日、波木井実長の招きで山梨県の身延山に入り、この地で法華経を末法万年に伝える人材養成に務め、大勢の弟子や信者と共に、昼夜に法華経の講義や唱題修行に精進されました。
身延山
◆6月『撰時抄』述作。
◆師の道善房死亡。
 7月21日墓前に『報恩抄』を奉読。
◆身延に十間四面の大堂建立。
◆湯治のため身延下山
9月8日、常陸の湯で持病を癒そうと出た旅の途中、18日武蔵国池上宗仲公の邸(東京都大田区池上 = 現在の池上本門寺)で養体が悪化し休息されました。
身延山
◆六老僧を制定
日蓮聖人は御入滅になることを予感され、池上の地で本弟子六人を定め、力を合わせ法華経流布に精進すことを命じ、日蓮聖人生涯の精神的帰依ともいうべき『立正安国論』の講義をされました。
◆池上にて御入滅
10月13日辰の刻(午前8~10時)、弟子・信者多数の唱題の中、静かにご生涯を閉じられました。池上の山に季節外れの桜の花が咲き、日昭上人の打つ臨終を知らせる鐘の音が悲しく響きました。