ホーム > 仏教・仏事のQ&A > 数珠について

日蓮宗の活動や僧侶・お寺についてだけでなく、日々のお勤めや、法事・仏事についての
細かい疑問に、儀礼の由来なども解説しながらQ&A方式で分かりやすくお答えしています。

仏教・仏事のQ&A

  • Question

    数珠って何ですか?

    Answer

    悪心をおさえ、すべての煩悩を取り除き、このうえない功徳が得られるという大切な法具です。
    日蓮宗では108の普通珠、4つの中珠、2つの大珠を繋ぎあわせたものを使用しています。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    数珠にはどんな種類があるのですか?

    Answer

    日蓮宗には、装束(しょうぞく)数珠と勤行(ごんぎょう)数珠という2種類の数珠があります。
    装束数珠は僧侶が使う数珠、勤行数珠は一般用の数珠で、房が丸く(菊房・玉房)なっています。
    また、房の長さは普通の長さの短房、少し長い中房、長い長房があります。
    中房と長房は、ご祈祷をする僧侶が用いる数珠となっています。
    また、「珠」の材料は、香木・梅・黒檀・菩提樹・水晶・真珠・珊瑚・象牙・石など多種多様ですが、
    昔から白水晶が最上の珠といわれます。
    ただし、一般の方は、自然木や木の実などあまり華美でないものが望ましいでしょう。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    数珠の持ち方はどのようにして持つのが正しいのですか?

    Answer

    合掌をしたり、お経本を持つときは、房を下にし、左手に2重に掛けて持ちます。
    勧請・唱題・回向という法要の中で最も大切なときには、親珠を両方の中指の第一関節に、数珠を一度ねじってから(あやにする)そのまま両手を自然に合わせます。
    数珠の房は二つの房を右手に、三つの房が左手にくるようにします。
    数珠をこすって音を出しながら拝んだり、首にかけるのは好ましくありません。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    日蓮宗用の数珠はどこで購入できますか?

    Answer

    日蓮宗新聞社で販売しております。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    合掌にはどんな意味があるんですか?

    Answer

    合掌は手のひらを隙間なく合わせることです。
    両手を合わせて他に何もできないことを示し、一心に祈る礼拝の姿なのです。
    インドでは、右手は清浄(神聖)、左手は不浄を表します。
    この二つの心が合わさることによって、仏様と私たちが一つになれるといわれています。

    OPEN

    CLOSE