ホーム > 仏教・仏事のQ&A > お塔婆について

日蓮宗の活動や僧侶・お寺についてだけでなく、日々のお勤めや、法事・仏事についての
細かい疑問に、儀礼の由来なども解説しながらQ&A方式で分かりやすくお答えしています。

仏教・仏事のQ&A

  • Question

    お塔婆の由来って?

    Answer

    今から約2500年前、お釈迦様のお墓として古代インド語で「塔」を意味するストゥーパが建てられました。
    お釈迦様が亡くなられた時、この塔を建てて供養したのが「お塔婆」の始まりといわれています。
    仏教伝来に伴ってストゥーパも五重塔などいろいろ形を変化しながら、現在のお塔婆の形になったのです。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    お塔婆を建てることによって、どうなるのですか?

    Answer

    ご先祖様へのご供養になります。それだけでなく、私たちも功徳を積むことができます。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    お塔婆は、誰が、いつ、誰のために建てるものなのですか?

    Answer

    法事の施主が、故人のために、ご命日(年回忌)、そして春秋のお彼岸、お盆、お施餓鬼等の際に建てるものです。
    施主でなくとも、志のある方には建てることをおすすめします。 ご自身のご先祖様の供養のために志す事が多いようですが、友人やお世話になった方、また有縁の方、そして無縁の方にもたむけて、善行を積まれるとよいでしょう。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    日蓮宗のお塔婆はどんなものですか?

    Answer

    「南無妙法蓮華経」を記したものが日蓮宗のお塔婆です。
    他宗のものには梵字(古代インド語)を書いたものもあります。

    OPEN

    CLOSE

  • Question

    日蓮聖人にもお塔婆をたてるのですか?

    Answer

    はい。お会式(10月12日)などの際に、報恩感謝のお塔婆を是非建ててください。

    OPEN

    CLOSE